人気脱毛サロンランキング/料金・脱毛部位・通いやすさ・人気比較

気になる脱毛エステの勧誘。うまくかわすには?

エステ未体験の場合、そもそもエステの勧誘ってどんな感じ?と思いますよね。勧誘頻度が高いから、なんか怖くて行くのやめた。という噂もちらほら聞きますね。こんなことで、自己処理の道に戻ってしまって、スベスベの肌を諦めるのはもったいないですよね。

 

脱毛エステに通い続けられるように、巷でよく見聞きされる脱毛のエステの勧誘についてのかわし方のテクニックを伝授していきます。

 

相手の意図を探ることが肝要です

エステティシャンが、担当のお客さんと相性が良いと感じた場合、素直にきれいになってほしいと心から思って、新しいコースをおススメすることがあります。この場合は、自分もそのエステティシャンと話していて楽しいだとか、相性が良いと同じように何かを感じているものです。

 

この場合は、通い続けていると割と見極めることができるかと思います。自分が心からこの人ならお願いしたい、お任せしたい、ついていきたいと思い、なおかつ金銭的にも折り合いがつくのなら契約することを検討しても良いでしょう。

 

他に考えられるのは、新しいコースが、続々誕生するのがエステ業界です。このため、ノルマがあるので、ノルマ達成のため新しいコースをおススメするというケースです。大体は、この二つに大別されます。

 

この二つに大別されるので、冷静に見極めたうえで、自分がやりたくないと素直に思ったら、素直に普通にハッキリと断れば良いだけの話です。隙を与えると、延々と営業対象になるので、ハッキリとダメだと相手に悟らせることが大切になります。万が一、その場で断りきれずに契約してしまっても、クーリングオフ制度もあります。

 

ただし、このクーリングオフも対象外の場合もありますから、自分のケースがクーリングオフに該当しているかよく調べてみてください。

 

勧誘に対しては、ハッキリとした態度が大事

まずは、自分の思っていることを素直に、自分の言葉で言いましょう。

 

「今は金銭的に余裕がないので、新しいコースを受けることができません」

 

これでも食いつくなら、「かなりカツカツの経済状況で新たなコースは組めません」とさらに上を行く言葉でハッキリと対応しましょう。

 

気遣って新しいコースに興味のあるようなそぶり、発言は一切しないことです。エステティシャンに、押せば何とかなる、隙があると判断されるからです。そういった隙を見せると、そうこうしているうちにどんどん押されて契約しないと悪いなと思ってしまい、いつの間にか契約という相手の手の内に乗せられてしまいます。

 

「私は、一つ一つのことに集中したいタイプです。このコースをじっくり経験したいので、
新しいコースはお断りします」など、自分流の言葉で断りましょう。

 

その後、担当者と気まずくなってしまったら、予約を違う人にお願いするだとか、その担当者の上司に報告するだとか、いくらでも手段はあります。気にせず、本望でないことは、はっきり断りましょう。

おすすめ人気脱毛サロンランキング


ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム


最新キャンペーン詳細へ


銀座カラー

銀座カラー


最新キャンペーン詳細へ


脱毛ラボ

脱毛ラボ


最新キャンペーン詳細へ

page top